京都市中京区烏丸御池駅から徒歩1分【烏丸おいけ歯科クリニック】 一般歯科、インプラント、入れ歯、審美歯科、予防歯科
京都市中京区御池東洞院通り東南角2F

>> 無料メール相談 >> サイトマップ

定期検診のすすめ
ご予約はこちら
医院の基本理念
院長あいさつ
院内紹介
スタッフ紹介
診療メニュー
インプラントについて
歯科全般 無料相談
インプラント 無料相談
各種治療の費用
お問い合わせ
アクセス
求人・採用情報
サイトマップ
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………

1、インプラントとは 2、インプラント治療の流れ 3、インプラントQ&A
4、無痛治療について




Q、インプラント手術時は、痛くないでしょうか? どれ程の時間がかかりますか?

A、 インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、局所麻酔をして行いますので痛みの心配ありません。術後は数日間腫れたり、多少の痛みが出る場合がありますが、処方する鎮痛剤、抗生剤、消炎剤などで対処することが出来ます。


Q、インプラントの手術の際、入院が必要ですか?

A、 一次手術でも、二次手術でも入院の必要はありません。
また、充分な局部麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科治療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えるでしょう。術後は数日間腫れたり、多少の痛みが出る場合がありますが、処方する鎮痛剤、抗生剤、消炎剤などで対処することが出来ます。


Q、極度の怖がりですでインプラントをためらっています・・・大丈夫でしょうか?

A、 痛みに不安やストレスを感じる患者様や、高血圧などの全身疾患をお持ちの患者様には、希望に応じて点滴で鎮静薬を投与する静脈内鎮静法を用います。通常の麻酔と静脈内鎮静法の併用であれば、無痛治療が実現出来ますので、極度の痛がりの患者様でも、苦痛を感じないで手術を受けられます。


なお、静脈内鎮静法の場合、麻酔専門医が手術中付き添って全身管理をしていますので、その点でも安心していただけると思います。


Q、インプラント手術時にはどれ程の時間がかかりますか?

A、 インプラントの手術は、綿密な計画の下に行われますので、手術時間の概要については事前の診査診断により決定されます。インプラントを埋入する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは担当医にご相談下さい。但し、年齢、口腔状態などによっても、個人差がありますので、歯科医師の説明をよくお聞き下さい。


Q、インプラントは、どのくらいもちますか?

A、 インプラントの10年生存率(埋入してから10年後にそのインプラントがお口の中で機能している確率)が95%以上という報告もありますが、その寿命は、患者様のお口のお手入れの状態によってきまります。天然歯と同様に、お手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。治療後の口腔衛生管理はとても大切ですので、歯科医師、担当衛生士の指導に従ってお手入れの方法を学んで下さい。


Q、インプラント治療が受けられないのは、どんな人ですか?.
A、 1本だけ歯を失った場合、複数の歯を失った場合、まったく歯が残っていない場合、いずれにおいてもインプラントによる治療は可能です。ただし、下記に挙げたような条件下では注意が必要です。


▼インプラント治療が制限されるケース…

 ・妊娠中の方
 ・全身疾患のある方
 ・他の歯根に感染症がある方、歯周病の方
 ・あごの骨の量が少ない方、骨粗鬆症の方
 ・糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態に
  コントロールされていることが条件になります。


医科の主治医とも話し合い、十分にカウンセリングをした上で、インプラントを行えるのかどうか歯科医師が判断します。


▼インプラント治療が適用できないケース…

 ・あごの骨の成長が終わっていない方
 ・歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
 ・アルコール依存症の方
 ・チタンへのアレルギーを持っている方


Q、年齢は問題になりますか?

A、 ほとんどありません。ただし18歳以下という年齢であれば、インプラントの埋入をする前に、成長期が終わっていなくてはいけません。


Q、骨が薄く、他院でインプラント治療が出来ないといわれましたが…。

A、 現在インプラント治療は急速に進化しており、サイナスリフトソケットリフト、リッジエクスパンジョン、GBR法、骨移植などの手術方法を併用することによって、ほとんどの問題は解決できるようになりました。

サイナスリフト ・ソケットリフト

Q、インプラントをして、身体に影響はありませんか?
 金属アレルギーや拒否反応などは大丈夫なのでしょうか?

A、 インプラントはチタンという金属でできています。想像できないような特異体質の方もいる可能性を考えると、100%とは断言できませんが、ほぽ100%と言ってよいくらい、チタンではアレルギー反応や拒否反応はでません。チタンは生体反応を起こさない唯一の金属です。チタンが骨にくっつく”オッセオインテグレーション”を利用した技術は歯科だけでなく、整形外科等で広く行われているのも、チタンの安全性が証明されている証拠でしょう。


Q、会社や学校は、何日くらい休んだらいいですか?

A、 術後に少し腫れたり、アザができたりすることがありますが、通常ほとんどの方は翌日には会杜学校に戻っておられます。


Q、禁煙しなくてはいけませんか?

A、 禁煙は強く推奨されます。タバコ内に含まれる二コチンは創傷治癒を遅らせ、長期的に見れば症状を悪化させる恐れがあります。


Q、インプラント処置をしてから歯が入るまでの待っている間は、歯が無いのですか?

A、 前歯など、審美的に問題がある場合や、奥歯が無くて食事ができないなどの緊急性がある場合には、すぐにでも仮歯を入れて不都合を解消するようにします。治療期間中、歯が無くて見た目が悪かったり、食事が出来ないなどの不都合が起こらないように致しますので御安心下さい。


Q、インプラントの費用は?

A、 インプラント治療に健康保険は適用されませんので、自費治療になります。インプラントの治療費は、手術料とインプラントの材料費、インプラントに装着する上部構造の費用の合計です。歯科医師の説明をよくお聞き頂いた上で、お支払い方法も含めてよくご相談下さい。(なお、当医院は口腔診査診断、検査を行い、御相談と御説明をさせて頂いた上で、正式な治療計画書と御見積もりをお渡し致します。)

    *健康保険は適用されませんが、医療費控除の対象となります。





…………………………………………………………………………………………………………………………………………………


ご予約お申込みの詳細はこちら   お問い合わせ・ご予約の詳細はこちら





鳥丸おいけ歯科クリニック
京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町436-2 SHICATA DIX BLDG 2F


Copyrightc karasumaoike-dental All Rights Reserved.