京都市中京区烏丸御池駅から徒歩1分【烏丸おいけ歯科クリニック】 一般歯科、インプラント、入れ歯、審美歯科、予防歯科
京都市中京区御池東洞院通り東南角2F

>> 無料メール相談 >> サイトマップ

インプラント無料相談
PMTCはこちら
定期検診のすすめ
ご予約はこちら
医院の基本理念
院長あいさつ
治療のコンセプト
院内紹介
スタッフ紹介
診療メニュー
インプラントについて
歯科全般 無料相談
インプラント 無料相談
各種治療の費用
お問い合わせ
アクセス
求人・採用情報
院長ブログ
サイトマップ



…………………………………………………………………………………………………………………………………………………

1、インプラントとは 2、インプラント治療の流れ 3、インプラントQ&A
4、サイナスリフトとは 5、ソケットリフトとは 6、無痛治療について


インプラントは骨の中に埋め込みます。インプラントがしっかり骨の中に埋め込まれて、骨と結合することによって、咬み合わせの力に耐えることができます。しかし、上顎(うわあご)の奥歯の部分は、歯周病や歯がない事などで極端に骨がやせてしまったり、もともと骨が薄い場合など、インプラントを埋めるのに充分な骨が無い場合があります。


サイナスリフトとは、その骨が薄くなってしまった上顎の部分に、インプラントをしっかり埋め込む
ために骨の厚みを作る処置
のことをいいます。


▼サイナスリフト施術方法

上顎の歯を支える骨(歯槽骨)の上部には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。

上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下方に拡大していきます。同時に、失った歯の周囲の骨が吸収されていくので、歯を支える骨の厚みが加速的に減少していきます。

上顎の歯を支える骨にインプラントを入れるための高さが不足している場合サイナスリフトによって骨の高さを確保する必要があります。サイナスリフトは、歯を支える骨が極端に薄い症例でも十分対応可能です。

方法は、上顎の歯を支える骨に横から穴を開けます。穴を開けた所から上顎洞の粘膜をリフトアップします。

そのスペースに骨になる材料を入れていきます。充分高さの確保できたところにインプラントを埋入していきます。
歯を支える骨の高さが極端に薄い症例ではサイナスリフトを行わないと、インプラント治療ができない場合がございます。また、歯を支える骨が極端に薄い場合は入れ歯の安定も悪くなるため、インプラントを希望される方が多くいらっしゃいます。





…………………………………………………………………………………………………………………………………………………


ご予約お申込みの詳細はこちら   お問い合わせ・ご予約の詳細はこちら





鳥丸おいけ歯科クリニック
京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町436-2 SHICATA DIX BLDG 2F


Copyrightc karasumaoike-dental All Rights Reserved.