Aesthetic

審美治療について

「白く美しい口元を手に入れたい」
今日では広く一般的な願いとなっています。

審美治療は、口元・歯並び・歯の色などの見た目の美しさの追求だけでなく、歯本来の機能の回復のバランスなどを考え改善する、総合的な歯科治療です。金属アレルギーの心配がなく、自然な歯の色に近い審美性の高い歯が手に入るということや、軽度に乱れた歯並びなら矯正できるという利点があります。

セラミック治療
(今ある保険の銀歯やプラスチック歯の取り替え)

強度も審美性も高くなるということから、銀歯やプラスチックの被せ物をセラミックへ取り替える手法を取っております。セラミックは陶材とも呼ばれ、俗に言う瀬戸物に近い素材です。変色がなく、本物の歯に近い・ツヤが表現できるという特徴があります。当院では以下の3種類をご用意しております。

  • オールセラミッククラウン(ジルコニアクラウン)

    金属をまったく使用せず、全てセラミックで作製する為、金属アレルギーの心配もございません。
    透明感があり、審美性に大変すぐれています。

    メリット

      • 透明度と審美性が高い
      • 天然歯に近い色が出せる(特に前歯に有効)

    ※前歯に関して特におすすめします。奥歯に関しても、噛む力の強くない人はオールセラミッククラウンが審美性勝るためおすすめします。しかし噛む力が強いひとには、セラミッククラウンが強度が強いためおすすめします

    デメリット

      • 噛む力が非常に強いひとは稀に破損する場合がある

  • セラミッククラウン(メタルボンド)

    内面が金属となっている為強度が高く、金属の上にセラミックを焼き付けて作製した白い被せ物です。オールセラミックよりやや審美性が落ちますが、それでも結構きれいです。かつては、審美治療のメインメニューでした。

    メリット

      • 汚れに強い素材です
      • 天然歯に近い色が出せる
      • 透明度はオールセラミックよりは若干劣るが透明度と審美性に高い

    ※奥歯には噛む力が強いひとには、セラミッククラウンが強度が強いためおすすめします。そして噛む力の強くない人はオールセラミッククラウンが審美性勝るためおすすめします。

    デメリット

      • 噛む力が非常に強い人は表面のセラミックがまれに剥がれる場合がある

  • セラミックインレー

    むし歯を削った後に歯の色に近いセラミックを詰める方法です。すでに、金属の詰め物が入っておられる方もセラミックインレーに交換することができるので、銀の詰め物が気になる方におすすめです。

    メリット

      • 審美性が高く天然歯に近い色が出せる
      • 歯型の精度が保険治療と比べ高いため虫歯になりにくい
      • 耐久性があり、摩耗しにくい
      • 着色や変色がない

    デメリット

      • 噛む力が非常に強い人はまれに破損する恐れがある
  • セラミック治療の利点

    • 利点その1
      審美性に優れている

      保険治療の差し歯は材料がプラスチックの為、水分を吸収して色が変わります。前歯だと保険治療でも最初は白くできますが、数年経つと確実に色が変わってしまいます。
      その点、セラミックの歯は、変色もなく、汚れがつきにくい性質があるので、いつまでも自然な白さが保てます。
      セラミック治療では、患者様一人ひとりに合わせて、オーダーメイドで色を合わせます。特に、オールセラミックは本物の歯と区別がつかないくらい自然できれいに仕上がります。

      奥歯だと保険治療の場合、
      使える材料が銀歯とプラスチックになります。

    • 利点その2
      むし歯のできやすさに差が出る

      単に自然な白さが長持ちするだけでなく、セラミックの歯そのものが、保険の歯よりも長持ちします。それは保険治療と自費治療のセラミック治療では、むし歯の出来やすさに違いがでるからです。自費治療の場合、よりベストな治療法が取れるため、精密度の高い型取りが出来ます。もちろん、保険治療でも手を抜くことは絶対にありませんが、国の制度上、型取りの材料に制限があり、思うような治療ができません。
      この型どりが非常に重要で、しっかりとした型がとれないとぴったり合うものが作れず、その部分からむし歯になりやすくなり、むし歯になれば、悪いところを削って治療をしないといけなくなります。

      歯の為には「削らない」「抜かない」「神経を取らない」事が一番大切な為、
      できればセラミック治療をおすすめします。

    • 利点その3
      身体に優しく耐久性に優れている

      世界的には加速的に、金属を使わない治療法(セラミック治療)へと移行しています。セラミック治療とは、これまで金属を使用して治療していた歯を、できるだけ自然の歯に近く安全な素材(セラミック)に代え、金属アレルギーなどを防ぐことをいいます。もちろん金属アレルギーの方はセラミック治療をおすすめします。

      以上がセラミック治療の利点となっております。
      保険治療の場合、どうしても国の制度上、材料に制約があるため、よりよい治療法をご提案できない場合がございます。当院は患者様の利益を一番に考えた治療を行います。その為、むやみやたらと自費治療をおすすめする事はございません。

      入れ歯に関しては、保険治療と自費治療で大差がないような症例では、患者様のご希望がない限り、保険で自費並みの入れ歯を作っております。もちろん入れ歯の症例によりましては、自費の入れ歯が保険の入れ歯より優れている場合などは、その点を患者様のご説明させていただき、患者様が納得した上でご選択いただくようカウンセリングを徹底しております。

    矯正を行わず短期間で軽度に乱れた歯並びを整える
    (すきっ歯に悩む方や、歯を白くしたい方に)

    ラミネートベニア

    歯列矯正を行わず、短期間で歯並びを整えます。

    メリット

      • 被せ物に比べて、歯を削る量が極端に少ない
      • 審美性が高く白く自然な仕上がりになる
      • 矯正治療と比べて治療期間が短い

    デメリット

      • 噛む力が非常に強い人はまれに剥がれる場合があります

    料金

    • セラミックインレー

      ¥66,000

    • メタルボンド

      ¥110,000

    • オールセラミック

      ¥143,000

    • ラミネートベニア

      ¥132,000

    ※料金は税込になります。

    セラミック治療をご希望の場合、以下のような注意点がございます。

      • 自費治療のため、高額になります
      • セラミックの場合、強い力が1点に集中すると、割れたり欠けたりするリスクがあります
      • 歯を削る必要があります
      • 天然歯より硬い素材を使用した場合、咬み合う歯を傷める可能性があります

    ※使用する素材ごとのメリット・デメリット、価格などの丁寧なご説明、治療前から治療中、治療後のアフターフォローも院長を中心にしっかり行いますので、安心です。ご不明点はそのままにせず、何でもご相談ください。